• お茶の子 まめ

     

    2016年10月8日(土)

    オープン!

  • お店のこと

    あんこがだいすき、和菓子がだいすき、レトロなものがすき、キラキラしたものがすき、ぼけーっとするのがすきな店主が、すきなものだけを作ってます。

     

     

    まめのどらやき 200円

    ぷっくり煮あげたつやつやのつぶつぶあん。毎日、鍋の中の小豆とにらめっこして、つぶつぶ残るようにやさーしく炊いてます。

     

    今日売る分だけ、毎朝焼いてます。だって、それっていちばんおいしいから。

    今日は、しっとり、ふわりとしたくちどけ。

    明日は、あんこと皮がなじんでしっとりとした味わい。

    おいしいうちにたべてほしいので、日持ちはしません。

     

    THEどらやきです。でも、ふつうの素朴などらやきって、飽きないです。

     

     

    寒氷 5個 350円

    香ばしいくるみ入りの寒氷。お抹茶にはもちろんですが、珈琲にもとてもあいます。どうやら、ビールのつまみにもなるみたいです。

    この、なんともいえない潔い景色がすき。

     

     

     

    琥珀糖 30g 250円

    しゃりしゃり、ぷるん、キラキラな宝石みたいな琥珀糖。

    まめの琥珀糖は、梅、生姜、薄荷、柚子、だったり。目で見て楽しんで、たべてもたのしめます。

    和三盆糖 200円

    こくのあるあまみと香りが広がって、ふわあーっと、溶けてなくなる阿波和三盆糖。

    和三盆糖と抹茶があったら、ひきたてあって100倍のおいしさ!

    まめの和三盆糖は、阿波和三盆糖のそのままのやさしい、やわらかなきなり色。北海道にある木型干菓子工房ゆらりさんにつくってもらったずっとずっと永く続くようにとゆう思いをこめた縁起のよい青海波と柑橘の模様です。

     

     

     

    お抹茶 お干菓子つき 550円

    一服ずつ丁寧に心をこめてお薄をたてます。もっともっとたくさんの人にお抹茶のおいしさと、お干菓子のおいしさをしってもらいたいです。お道具も最低限のものしかありません。あーしなきゃいけない、こうじゃなきゃいけないなんて、ありません。

    ちょっと、まめにいる間だけでも、一息ついて気軽に楽しんでもらえたらと思っています。

  • お店について

    〒221-0802

    横浜市神奈川区六角橋2-9-3

    050-5316-0456

    ochanoko_mame@icloud.com

     

    10:00〜売切

    朝どらやきを焼いて、急いで包装して、販売しています。その日に焼いた分が売切れたらおわります。

    ご来店の予定があるお客様はお電話かメールでご連絡頂けましたら、お取り置きを承ります。1個からお気軽にご連絡ください。

     

    定休日:水曜日

     

    当日の状況やお知らせなどは、Facebookをご覧ください。

     

     

    白楽駅から徒歩約15分

  • お問い合わせ

    お茶の子 まめ 店主 山口さよこ

    ☎︎ 050-5316-0456

    ✉︎ ochanoko_mame@icloud.com

     

    接客中には、電話に出られないことがあります。